借金問題は弁護士が解決

説明

裁判所を介して減額手続き

個人再生とは、裁判所を介して生活に必要な財産は維持したまま借金の減額をする手続きです。借金残高を最大で10分の1まで減らすことができますが、減額後の借金は原則3年以内に完済しなければならないため、案大して収入が将来も継続して見込めることが条件であり、以前に再生計画案が裁判所が認可し各債権者からも承認が得られないと減額をすることはできないです。弁護士に依頼をすれば、法定代理人となってくれ手続きを代行してもらえます。法的な力で借金を大幅に減額させたい人に個人再生があります。弁護士に依頼をするメリットは、債権者との交渉や裁判所へも代理人として出廷してくれるため交渉もスムーズに進みます。個人で行うと、減額してくださいとお願いするだけでなく法的な根拠も必要になりますから、法律の専門家である弁護士がいれば強い味方になってくれ、その後の生活も再建しやすくなります。また、書類作成の代行もしてくれます。書類作成くらいはお金をかけたくないから自分でやれそうに思えますが、個人再生は書類の作成が面倒で手間がかかってしまうので結果的に弁護士に依頼した方が良いです。弁護士に依頼するには費用がかかります。個人再生の費用は、20万円〜50万円程度です。もし自分一人で個人再生の手続きをしても個人再生委員に報酬金を支払いがあります。その他費用を含めても20万円程度かかります。再生委員は、監督する立場にあるだけで手続きを案内したり指導してくれるということはないのです。それであれば、費用は高くても弁護士に依頼をしたほうがよいです。

Copyright© 2018 個人再生は弁護士に任せよう【費用を気にせず気軽に相談】 All Rights Reserved.