法テラスの役割

レディ

法テラスからの資金的援助

借金の完済がどうしても厳しい場合は、借金の減額を認めてもらうための「個人再生」を裁判所に申立てる方法があります。ただ、個人再生の審理は税金で行ってもらえるわけではないため、費用がかかります。実は、裁判所に支払う費用は申立手数料が1万円、予納金等が約2万円なので、3万円程度済みます(ただ、東京地方裁判所など、個人再生委員が付く場合は別途15万円が必要)。問題は、弁護士に依頼した場合の弁護士報酬が高額になっていることです。弁護士報酬は個人再生の内容によって異なりますが、大体諸費用込みで50万円程度は見なければなりません。しかし、個人再生をするような人が50万円もの大金をすぐに出せるわけがありません。そんな時に救いの手を差し伸べているのが「法テラス」です。法テラスというのは一般市民における法的なトラブルを解決できるように、必要な情報とサービスを提供する法務省所管の公的法人であり、正式名称を「日本司法支援センター」と言います。法テラスには「民事法律扶助業務」というサービスがあり、資金的な余裕のない人でも3回(1回30分)まで無料で弁護士に相談ができます。またその結果、相談者に弁護士の援助が必要だと判断されると、「代理援助業務」というサービスによって、弁護士費用を立て替えてもらえます。ただし、誰でも援助してもらえるわけではなく、収入が一定基準以下であることが必要です。なお、立て替えるのは弁護士費用だけであり、裁判所に納める予納金等は自分で用意できることが条件です。また、立替であるため、定期的に返済しなければなりません。

Copyright© 2018 個人再生は弁護士に任せよう【費用を気にせず気軽に相談】 All Rights Reserved.