自分で行う場合

お金

弁護士・司法書士に依頼

債務整理は、弁護士に依頼しないとできないといったイメージがありますが、個人でも行うことができます。任意整理や過払い金請求ぐらいまでであれば自力で行えなくもないのですが、個人再生や自己破産となるとどうしても専門家の力が必要になります。それでも個人で行うことができるのですが、個人再生に至っては9割近くが弁護士に費用を払って手続きをサポートしてもらっています。自分で行った場合には、再生委員への報酬、収入印紙代、切手代、官報掲載費用などで20万円程度で行えます。弁護士に依頼すると30万円〜50万円、司法書士に依頼すると20万円〜30万円程の費用がかかってしまいますので、自分で手続きをしたほうが安上がりです。しかし個人再生は手続きが複雑ですし、申し立てまでに取り寄せなければ書類も何種類もあります。司法書士に依頼をしても書類作成だけ手伝ってくれますが、裁判所への出頭は自分で行く必要があります。手間をかけたくないのであれば、個人再生は弁護士に依頼をするのがよいです。費用面以外で、弁護士を選ぶ方法ですが債務整理を得意としているかどうかはその法律事務所のホームページをチェックします。解決事例や解決実績など今までどんな債務整理を解決してきたか紹介している、また債務整理が得意であれば債務整理に関するコラムを書かれていたり、特集の記事が充実している、料金形態が明確かどうかがポイントとなっています。相談料はもちろん無料の事務所を選びます。

Copyright© 2018 個人再生は弁護士に任せよう【費用を気にせず気軽に相談】 All Rights Reserved.