法テラスの役割

レディ

個人再生を望んでも、費用を工面できないから申立てることができないということを防ぐのが法テラスの目的でもあります。元々、個人再生というのは債務者に対して経済的な再生を図ることが趣旨となっており、その意味でも法テラスの役割は大きくなっています。

詳しく見る

自分で行う場合

お金

個人再生は、自分一人で行うと20万円程度の安価な費用で行えます。しかし、手続きの複雑さや準備する書類の多さなど非常に手間がかかります。弁護士であれば、費用は30万円〜50万円程度かかりますが、手続きを代行してもらえます。

詳しく見る

借金問題は弁護士が解決

説明

個人再生は、財産を維持したまま裁判所を介して借金を減額させる手続きです。弁護士に依頼をすると20万円〜50万円の費用がかかります。書類作成の手続きだけでなく、債権者との交渉や裁判所への出廷も行ってくれます。

詳しく見る

借金問題の解決

婦人

借金問題においては専門家である弁護士への依頼が人気となっています。これは弁護士が解決策を提示してくれる他、依頼をする事で金銭的・精神的負担から解放される為です。方法としては個人再生や債務整理があります。どちらも費用がかかりますので、しっかり確認して依頼をする事が大切です

詳しく見る

債務整理はお金がかかる

貯金箱

弁護士に個人再生を依頼する際に、費用を安く抑える方法としてはお金に困っている人であれば所得金額の条件はありますが、法テラスを利用することで費用を一部立て替えてもらうことができます。他にも分割に応じてくれたり、弁護士事務所の料金形態を比較します。

詳しく見る

借金の悩みを解決する

男の人

解決までの流れ

借金の問題を解決するために個人再生を考えている方は、まず弁護士に相談をしてみましょう。現在は少し前とは違って、多くの法律事務所で債務整理の相談は無料で受け付けているので、費用を気にせず気軽に相談できます。そのままでいると借金問題の解決は進まないので、弁護士に話を聞いてもらうことから始めてみるといいでしょう。この相談で現在の借金額や貸金業者、取引の期間、資産や家計の状況などについて質問を受け、そして個人再生を弁護士に依頼するための委任契約を結ぶことになります。弁護士との間に委任契約が結ばれると、弁護士から貸金業者など債権者に受任通知が送付されます。受任通知が送付されると取り立てが止まるので、一時借金の問題から開放されるでしょう。このとき、貸金業者に取引履歴の開示も同時に請求され、債権額とその内容を弁護士が債権調査をします。この債権調査と依頼者の家計、資産等を調査して、小規模個人再生、給与所得者等再生の手続きを選択です。そしてこれを元に申立書を作成して、管轄の地方裁判所に提出し個人再生についての申し立てをします。この後個人再生委員と面談が行われ、弁済ができるかどうかの履行可能テスト、再生計画案お提出を経て、約25週間後に個人再生が認可されるかの決定です。個人再生を弁護士に依頼した場合の費用は、おおよそ30万円から50万円が相場になっています。所有している住居を維持しながら、個人再生をする場合は住宅資金特別条項を利用することになり、更に費用が5万円から10万円ほど必要になります。この着手金などの費用は、分割払いに応じている法律事務所もあります。

Copyright© 2018 個人再生は弁護士に任せよう【費用を気にせず気軽に相談】 All Rights Reserved.